一人暮らしには、家具・家電のサブスクがおすすめ⁉サブスクライフはどんなサービス?デメリットは?

便利グッズランキング

こんにちはもちだれです。

一人暮らしを始め落ち着いてきたころ、部屋を見渡すと、まだ何か物足りない。

とりあえず、生活できるようになったけど、そろそろ家具を買いそろえたい。

そう思う頃ではないでしょうか。

しかし、家具を買い揃えるには結構お金が必要ですよね。

そこで頼りになるのが、家具のサブスク!

家具・家電のメリット、デメリットが気になる方はこちらを参考にしてください‼

今回は、初期費用を抑えられる家具のサブスクを紹介していきます!

家具・家電のサブスクは【subsclife】がおすすめ⁉

家具・家電のサブスクも様々な会社が提供していますが、今回は【subsclife】を紹介していきます。

色々ある中で、なぜ【subsclife】を紹介するかというと、いくつ理由があります。

憧れの家具・家電を「subsclife」で揃えよう
理由①支払い総額が定価を超えない

理由の一つとしてこれがほとんどを占めます。

家具・家電購入時に一度に支払いをしなくていいサブスクですが、利用期間に定価を超えてしまったら意味がないですよね。

サブスクライフでは、支払い総額が定価を超えません!

利用期間が終了すると、購入、継続、返却のどれかを選択します。

理由②利用期間が1か月単位で選べる

利用期間は3か月から24か月で、一か月単位で選ぶことが出来ます

例えば、

「サーキュレーターは梅雨・夏の間は使いたいけど、秋・冬は使うかわからない。

置いてても場所とってしまうなぁ・・・。」

と感じたら、梅雨・夏の3か月ほどを利用期間にすればいいのです。

また、秋や冬も使ってみたい。ということであれば、もう少し利用期間を長くして、商品を試すことが出来ます。

使うかわからない家具や家電を思い切って買ってしまうと、一番大変なのは捨てることです。

粗大ごみで出せるものもあれば、リサイクルに出さないといけないもの、ごみ収集所にもっていかないといけないもの

など捨てるのも一苦労ですよね。

その場合は、サブスクで使うかどうかを試すのが良いかと思います!

理由③人気ブランドが新品で利用可能

届く商品はすべて新品の物。

家電で人気のBALMUDAやギターやベースのアンプで有名なマーシャルのイヤホンなど、

有名ブランドも月額制で利用可能。

【subsclife】のデメリットはないの?

どんなものにも、メリットとデメリットはつきものですよね。

それでは、サブスクライフのデメリットは何でしょうか?

支払方法はクレジットカードのみ

サブスクライフではクレジットカードのみの支払い方法なので、

クレカを持っているのが前提となります。

デビットカードは使えないので注意しましょう!

家電のみ、化粧箱は残しておく必要がある

外装ダンボールや発泡スチロールなどは捨ててもOKだが、家電を返却する際に化粧箱が必要なので、

捨てないようにしないといけない。

送料、回収料が必要

サブスクライフでは、商品ごとに配送料が決まっています。

また、商品を返却する際に回収料(一律3,000円)が必要になります。

月途中の解約は日割りではない!

月の途中で解約をしても、日割りになりません。

利用終了申し込みをした翌月が利用終了月になるので、前もって解約する必要がある。

また、利用期間の途中で解約する際は、残りの利用期間料金を支払うことになります。

まとめ

サブスクライフのデメリットは、ほとんどのサブスクでも同じようなデメリットなので、

サブスクライフだからというわけではありません。

家具・家電の初期費用を抑えたい方、賢く家具・家電を使いたい方は、

支払総額が定価を超えないサブスクライフがオススメです!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました